現代版のお見合い!?婚活体験~街コン~に行ってみた

結婚を意識した20代後半から合コン、街コンに行くようになりました。

隔週で何回か婚活をしていたと思います。

その中で、街コンは私としては外れでした。

なぜならば、「結婚を意識した人間が行っても相手はそこまで思っていない」からです。

ただ、かわいい子と飲めたらいいなと思っている男性、こっそり抜け出してホテルに行こうとする男性、ノリで友達と来た男性といったようなカテゴリの男性しかいません。

しかも、やはり街での合コンといった感じなので、お酒を飲んでいて目が合って話して「みんなで飲もうよ~!」となると、お目当ての男性が私と話したいというわけではありません。

私が一緒に来た女友達を狙うということもあるので、数が多くてもヒットするということが極めて難しいのです。

その街コンは近場の居酒屋を周ってその店のテーブルで相席となった人と話すパターンでした。

その相席となる個室に入るまでどんな人とコンパになるのか分からないというパターンもあります。

街コンで失敗した女性

 

あれ!?どうなってるの・・・

その街コンは35歳までという括りでした。

街コンがスタートと設定されている店はチャラそうな男性が多かったので少し歩いて違う店に行ったのですがが、それが間違いでした。

個室に入ると明らかに35歳を大幅にオーバーしている50歳オーバー三人組がいました。

しかもデブ、ハゲ、コミュ障といったコンボで、本当に衝撃的でした。

お互いに自己紹介が始まりました。

 

私たち3人は26歳、25歳、24歳の3人で、外見的には多少自信がありました。

それに対してその3コンボの3人は、年齢を言うときに一人が「45歳です!」と言い「違うだろ、お前35歳だろ~。」というカバーをしていましたが、見事に自爆していました。

自爆していなくとも、その3人が明らかに35歳ではないということは分かっていましたが、やはりな…という印象でした。

24歳の友人が「食べ物だけ頼ませて追い出そう!」という作戦を立てましたが、その3コンボは外見をカバーすることもなく、その上食べ物も頼まない、ただ話すだけという3人でした。

しかし、やはり45歳にもなってその見てくれで独身というだけあって、本当につまらない3人でした。

そこの席にいたのがわずか20分だったのにもかかわらず、本当に地獄のような20分でした。

その街コンは、地雷の3コンボの他は20代後半あたりの男性が多かったものの、本当にただ飲みに来ているだけ、かわいい女の子と合コンできたらラッキーというような印象を受けるような男性でした。

なので、街コンに行くときは年齢の制限のみならず、どういった目的の男性が来るのか、できたら仕事の縛りもある街コンに参加した方が良いということを痛感しました。

 

 

何回か会うと音信不通になっちゃうんです。

音信不通に悩む女性

25歳になるまで知人の紹介で生涯の伴侶を探していこうと婚活していましたが、全然恋人はできませんでした。

好きになれそうな人がいても、メールアドレスを聞いても挨拶メールをしたくらいで音信不通となることが多かったのです。

そこで婚活サービスを利用して出会いを探そうと思い始めたのです。

もちろん変な出会いサイトではなく、結婚を前提としたお付き合いが目的の恋人探しをする人が活動しているまとまなサービスを利用します。

コンピューターで相性がいい人を引きあわせてもらえるほか、いつでもお相手紹介があって、結婚したいと思える人と知り合えます。

大人しめで暗く見られるのが私の短所なので、できる限り元気に活動してみたりしました。

 

■婚活してみて思うこと

婚活サイトならば費用が掛かるので、真剣に婚活したいと願っている人が参加しています。

ほんのちょっと料金が高くても登録している人が減らないのは、信頼度が高いからだと思います。

結婚生活では、毎月決まった固定給の中で暮らしていかないと駄目なんです。

ですからお相手が浪費家だと、お金の出入りの管理を頼むことができないですよね。

そういう意味では相手のことがわかっていくうちに、この人とは結婚できないって思われたら音信不通になる可能性があるってことです。

 

婚活していくと気に入った人と知り会えて、無意識のうちに結婚しようかという気持ちになってきます。

腹をくくって結婚情報サービスに入会してよかったという人も少なくないようです。

結婚情報サービスでは、アドバイザーが心強い後押しをしてくれたり役に立つアドバイスなども期待できます。

結婚したいと思う理想のタイプが決められない場合は、救いだしてくれたりと仲介人を利用できるのが特徴となっています。

私もアドバイザーの協力を得て、頑張っていこうと思っています。

できれば希望するパートナーと早く出会いたいです。

 

私は人見知りなの

人見知りの女性

私は人見知りなので、街コンのようなジャンルは多分失敗するだろうと思い、メールでコミュニケーションをとる婚活サービスに入会しました。

最終的には交際相手が見つかりました。

ネット婚活で意気投合していいなと思った人に実際に会う場合に、その人が家族のことを真正面にお話してくれたら騙されていないと信用できます。

婚活パーティーはお金が掛かるので、結婚する気がないのに活動している人が少ないことも特徴となります。

怪しげな婚活サービスだと料金が掛からないところも多く、遊びが目的で参加している人が増えています。

何歳ごろから婚活を始めるのでしょうか。婚活中の人は急激に多くなっているので、具体的に行動している年齢層は幅が大きいですが、結婚するタイミングということもあり、アラサー前後が大半のようです。

婚活サービスの良い点は数多くありますが、大きなメリットはお互いが未来のパートナーを求めていることです。

大体は理想的なタイプの人がいても恋人がいるなど手遅れなことが大半のようです。

人気の婚活サイトでは、会員同士をマッチングさせる機会を多くすることで成婚率が上がっているようです。

趣味が合うや職業など、結婚したい条件が同じ人をメンバーから探し出します。

評判のお見合いと同一のものとして、少し前から『縁談』がありましたが、婚活のサービスほど参加した人は多数ではなかったです。

既婚者になったものの離婚したのならまあまあ再婚できる要素が感じられますが、未婚の人は何か面倒なことでも抱えているのではないかと不思議に思ってしまいます。

異性との出逢いが減ってきているということが、出会いを探している人の減少しないことに関わっているのでしょう。

平凡な結婚をすることがそうそうできないからこそ、婚活を始める独身男女が減らないのですが。

早いうちに結婚して出産してみたいなと期待していましたが、交際相手も探せないまま30代半ばを過ぎてしまいました。

それまでにも気になる人ともあったのですがダメでした。

コンピューターで人柄が良い人を引きあわせてくれるほか、定期的に異性の紹介があって、好みの人と会えるのでできる限り前向きに活動してみたりしました。

知り合った人で真面目そうな相手なら、メールを利用して互いのことを確認していきます。

通常は連絡を取り合ううちに気に入らない人は返信がもらえない状態になっていきます。

結婚情報サービスに申し込むのは、手遅れ気味ですが未体験なので非常に硬くなりましたが、どっちにしろ実行しなければ良い方向性にいかないので頑張っています。

婚活サービスに入会すると異性と知り合うチャンスが増えるのでかなり嬉しい日々が続きます。

好き同士になればたちどころに一緒になる場合もあり、結婚する可能性が上がる原因となっています。

婚活サイトでは、専任アドバイザーと呼ばれている人がお助けしてくれる点も特徴です。

これまで異性と付き合ったことがない人は、どのようにアプローチすればいいのか正解が分からないので助けられます。

なんかとりとめのない話をつらつらと書いてきましたが、婚活って難しいけど幸せになるために頑張りたいと思います!!

 

結婚をで理想を言い出すとキリがないぞぉ!

お見合いをして結婚できる男性のタイプで多いのは、理想と現実をしっかりとわきまえているタイプです。

結婚をする場合に、理想を言い出すとキリがありません。

理想ばかりを言う女性

女房は若くてかわいいほうがいいに決まってるし、性格も優しくて穏やかな方がイイに決まっています。

でも現実を見ると、そういうタイプの女性は少ないし、いたとしても自分とは釣り合いません。

それに万が一結婚できたとしても、嬉しいよりも落ち着かない日々が続くかもしれません。

浮気たりしないか、自分に愛想つかしてしまうのではないか、自分とは不釣合いなのではないか・・・。

そういう後ろめたい思いで毎日を過ごししまう可能性もあります。

それが幸せな結婚とは言えませんよね。

それに幸せな結婚生活を送るためには、外見よりもあなたとの相性の方が要素としては大切です。

かわいい女房も3日見れば飽きます。

それよりもいろいろな意味で相性の良い奥さんの方が、円満な結婚生活を過ごせる可能性が高いです。

外見について言えば、今は若くてかわいくてもいつかは年をとって劣化していきます。

それは避けられないことです。

だから外見で選んでしまっては、いつかは失望してしまうことになるということです。

結婚できるタイプの男性は、結婚生活を長い目で見ることができます。

自分にとって必要な女性とはどういうタイプの女性か。

そこのところをしっかりと考えて、理想のタイプを決めましょう。

財布の中身が整理されていない男

女性は男性の一挙手一投足をしっかりとチェックしています。

例えば、あなたが食事や買物の跡にお金を払う時。

女性にとって飲食店やショップでの会計時は、財布の中身を覗くチャンスなんです。

 支払いする男性

整理整頓された綺麗な財布だったら、身の回りのモノもきちんと管理できるという証拠として認識されます。

結婚してからも家事を手伝ってもらったりできる可能性も充分あると好意を感じてもらえます

 

逆に、財布の中身がレシートでグジャグジャだったり、全然整理されていないようであったら注意が必要です。

片付ける能力が低いか、片付ける意志が少ないと判断されてしまいます。

どっちにしろ結婚してから家事を手伝ってもらう事は難しいとマイナスポイントを付けてしまうのです。

手伝ってもらえないばかりか、部屋を汚したり車の中も汚くしたり余計な手間が増える一方になる可能性まで心配されるかもしれません。

 

財布からお金を払う場面は、一回のデート中でも何回かあるはず。

そのサイズがぐちゃぐちゃに整理されてなかったら、いろいろな負の妄想をされてしまうのでキッチリと整理整頓しておきましょう。

 

お見合いやデートで女性はこんなことをチェックしています。≫結婚できない男性

 

女性を理解できる男

お見合いに限らずに女性にモテる男の特徴は、【女性を理解している】ということです。

逆にモテない男性の特徴は・・・そうです。女性を理解していないということです。

一番ひどいのは「俺は女性のことはよく分かっている」と、見当はずれの理解をしている男性です。

あなたはそんなことはないですよね!?

では、女性のことを理解しているとはどういうことでしょうか?

 

例えばこんなことがあったとします。

結婚して5年目の奥さんが、出社前のあなたにこんなことを聞いてきました。
「子供が昨日から具合が悪そうなの。風邪かな?」

さて、あなたはこの問いに対して、どう答えますか?

1,かぜ薬飲ませて様子をみれば?
2,医者に連れていかないと病名は分からないよ
3,どんな感じで具合が悪そうなの?

ここで男性が取る行動として多いのが、1と2の回答です。

具合が悪い子供に対して、どのように対応するか具体的に答えています。

出社前だし時間もないので、結論だけを簡潔に伝えています。

正解です・・・ただし、子供の病気を治すことに関してはということですが

 

奥さんが求めている回答は1でも2でもなくて、【3】なのです。

具体的な回答など求めていません。

自分の話しや考えを聞いて欲しいのです。

そして、同調して欲しいのです。

 

妻:「子供が昨日から具合が悪そうなの。風邪かな?」
旦那:「どんな感じで具合が悪そうなの?」
妻:「昨日から元気がなくて、ちょっと熱っぽいの」
旦那:「う~ん、風邪かもしれないね」
妻:「薬飲ませて置くだけでいいかな?それとも病院に連れて行ったほうがいいかな?」
旦那:「熱がひどくなければ薬で様子をみればいいんじゃないかな?」
妻:「だよね。もっと具合いが悪くなったら病院に連れて行くね。」
旦那:「うん。大変だけど看病お願いします。家事が大変だったら晩ご飯とか惣菜でも買ってこようか?」
妻:「うん、ありがと。大変だったらまたメールするね」
旦那:「了解。じゃ、会社に行ってくるね。」

こんな会話をイメージして「子供が昨日から具合が悪そうなの。風邪かな?」と聞いているのです。

出社前の忙しい時に、こんなことを聞いてくるなよ!と思うかもしれません。

しかし、子供の心配を一緒にしたい奥さんからしてみたら、このまま出社されたら旦那さんに話すのを今日一日待たなければなりません。

女性はそれを我慢できません。

すぐにでも話したいのです。

こんな女性の特徴を理解するかしないかで、女性との付き合い方が全然変わってきます。

男性特有の女性に持つ理想は横に置いておいて、現実の女性の特徴を理解するように努力してみましょう。

反省できる男

婚活だけでなく何事においてもそうかもしれませんが、謙虚に反省できる人間って成長していきます

婚活においてもそういうタイプの男性は、最初はダメでもどんどん良くなっていく傾向にあります。

 

男の人はプライドが高い人が多く、なかなか自分の非を認めようとしないです。

お見合いが失敗した理由を、相手のせいにしたり、仲人さんのせいにしたり・・・。

そうすることで自尊心を保っているのでしょうが、そんなことをしていてはいつまでたっても結婚できません

うまくいかなかった理由を明確にして、反省すべき点はしっかりと反省すべきなんです。

 

自分の非を認めることが負けたかのように感じているようですが、そんなところで勝ち負けを意識しているから負けるのです。

勝ち負けなんて気にしていないで、結婚するには何が必要かを考えてみる必要があります

婚活やお見合いで失敗するパターンの例がココで紹介されています。

この記事を読んで相手のことを大切に思って、行動したり話しをすることが大切だと痛感しました。

自分の今までの行動を反省して、婚活に活かしていけるヒントがたくさん掲載されていますからチェックしてみましょう。

案外自分も同じようなことをしていたなぁ~なんて、すぐに反省できるかもしれませんよ。

 

将来を語れる男はモテる!

不景気が続く社会の中で、将来って見えなくなっています。

昭和のように経済も右肩上がりで、年功序列や終身雇用の時代ならば将来も容易に予測がつきました。

結婚して子供を産んで家を買って、退職金でローンを払い終えて、年金で余生を過ごす。

誰もがそんな人生設計で生きていたのでした。

 

しかしながら、不況が続く今の時代では人生は簡単に予測できるものではなくなっています

それだけに将来設計や自分のビジョンを持っている男性は、頼もしくもあり魅力的に感じます。

確かに終身雇用が崩壊してしまって、リストラや賃金カットなどの可能性が出てきています。

将来に不安を覚えて自分の人生がこれからどうなるのか分からない・・・これが正直なところでしょう。

そんな気持ちで将来のことを不安気に語られると、結婚相手として心許ないと感じてしまいますよね

 

将来が不安なのはみんな同じです。

一生安泰なんて人はこの世にいません。

それでも頑張ってこうやって生きていきたい!という気持ちがあれば、女性も頼もしさを感じてくれるはずです。

将来設計や自分の人生について語ることができるように、常日頃からいろいろなことを考えて自分の人生と向きあってみては如何でしょうか。

 

落ち着いて会話ができる

お見合いではなんといっても大切なのは、落ち着いて会話ができることです。

よくありがちなのが、女性慣れしていない男性が、つい早口になったりどもってしまったりすることです。

会話だけでなく目もキョロキョロしだしたり、挙動不審な行動を起こしてしまうこともあります。

 

こうなると、あとは挽回のしようがありません。

 

焦ってしまう気持ちはわからないでもないのですが、少し間を置いて心を沈めてから会話を始めるといいのですが・・・。

でも、焦ってしまっている本人からすると、分かっていてもどうにもならないことなんですよね。

こればっかりは場数を踏んで慣れるしかないのですが、いざスイッチが入ってしまうとどうしようもなくなります。

落ち着いてゆっくりと会話さえできれば、あとは話の内容は二の次です。

もちrん面白い会話ができればいいのですが、これは次の課題ということでいいでしょう。

 

先ずは会話を成り立たせるという基本が成立することを優先しなければなりません。

相手の目を見てゆっくりと自然に会話が成り立つようになれば、女性との会話も楽しめるようになります。

そのためにも場数を踏んで場慣れしておきましょう。

場慣れするためには、キャバクラとかで女性と話すこともありでしょう。

そこで楽しくキャバ嬢と話すことができれば、一歩前進です。

女性との会話がうまくできないという男性は、是非一度試してみてください。

 

私の結婚が幸か不幸かは私の気持ち次第

お見合いで成功するには女性の気持ちも理解してください。
お見合いで結婚した女性のお話です。

私は、60歳代の女性です。結婚して30年以上も経ちます。

私の時代は、お見合い結婚がまだ多い時でした。私達も勿論お見合いです。
間に入って頂いた仲人さんご夫婦は、御主人が主人の親戚で奥さんが私の親戚にあたりました。
ですから、お見合いをしてしまうと中々断れない面がありました。

その時代では、結婚適齢期があり、両親は早く結婚させようと苦労していました。

釣書きも写真も無しで両親に勧められるまま、お見合いに臨みました。
当日は、私と主人と仲人さんの奥さんと3人で喫茶店の個室で会う事になりました。
一瞥の不安は的中してしまいました。会った瞬間気乗りは益々無くなりました。

しかし、毎晩毎晩、夜中でも関係なく、酔っ払って電話が掛かって来ました。その友達からも掛かって来ました。

仲人さんからも返事の問い合わせがあり、ハッキリしない私に業を煮やし、両親は結婚する返事をしてしまいました。
そうなると、もうその線路を走るしかありません。

デートは1回だけで、1か月後に結納があり、3か月後に結婚となりました。
両親だけがウキウキ、ソワソワ張り切って嫁入り道具を揃えて行きました。

私は何が何やら分からないうちに両親や主人の言うがままに、日はドンドン過ぎて行きました。

結婚について落ち着いて考える暇が無かったので結婚できたのだと思います。

この結婚生活が幸か不幸かは、その時々の私の気持ち次第でコロコロ七変化しています。

***

このように女性の気持ちって秋の空と同じで、コロコロ変わってしまいます。

お見合いでも少しのことで一喜一憂しないで、長い目で女性と接するようにしましょう。